ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

愛犬と一緒にベッドで眠る幸せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「犬は人間ではないのだから、ソファやベッドに上げないようにしつけてください」

生後2ヶ月のラブラドールの子犬を買ったとき、ブリーダーからきっぱりと言われた。が、それを守ったのは初日だけ。つぶらな瞳で私を見つめ、腕の中で安心しきってスヤスヤ眠る子犬は”私の赤ちゃん”にほかならない。あまりにかわいいから添い寝をした。そうしたら我が愛犬は昼はいつもソファを占領し、夜は家族のベッドに順番にのっかって、どで~んと眠るようになった。私はダメな飼い主だと思う。犬はすっかり自分は人間と同等と勘違いするようになってしまったのだから。

いちいち共感のローズ一家

そんな私を安心させてくれる本を見つけた。『おひとりさまとローズ一家』(obaba・著主婦の友社・刊)がそれ。広告代理店勤務のシングルの著者obabaさんが、ペットショップで一目ぼれした雌のミニチュアダックスと暮らすことになったお話。

おひとりさまが犬を飼うなんて、婚期が遅れる? 結婚できない? ……って、それがどーした!! ワンコ4匹との暮らしは、それはそれはもうサイコーなんです。あんなに仕事一辺倒だった私が、こんなに犬三昧の日々を送るなんて。

(『おひとりさまとローズ一家』から引用)

ローズと名付けた”娘”を迎えたとたん彼女の生活は一変した。仕事帰りに飲んで帰ることをやめ、ローズのために一目散に帰宅。どんなに仕事で疲れていても朝も早起きし、散歩をしなくてはならない。

そう、犬を飼うということは犬に振り回される日々のはじまりなのだ。犬は人間がお世話をしてあげなくては生きていけないのだから。

さらにobabaさんのすごいところは、ローズの子供まで育てることになったこと。生まれた6匹の子犬のうち、3匹は友人宅にもらわれていったが、残る3匹は母犬と共にに暮らすことになったのだ。ところで、なんでobabaかというと、ローズが娘、3匹の子犬が孫、だから自分は「おばば」なのだそうだ。

おばばとローズ一家は、クイーンサイズのベッドに5人(?)で寝ています。しつけの本には一緒に寝ないほうが……とありますが、すみません、これがおばばのサイコーのシアワセです。

(『おひとりさまとローズ一家』から引用)

そうです、そうなんです。フワフワあったかいワンコと眠るのは至福の時間なのです!

我が家のお客は金縛りにあう?

「真夜中にずっしり重みがのっかって、脚が動かないし、金縛りにあったかと思った」。
これは我が家に泊まったことのある友人何人かの証言だ。もちろんそれは金縛りなどではなく、体重約
30キロのラブラドールのせいなのだ。ウチの犬は留守番のときでさえゲージやサークルに入ったことはなく、いつも家の中を自由に動き回らせている。だから、お客が寝ているところにも行き、歓迎と信頼の気持ちを込めて(?)ベッドで眠る人の足元に図々しくもどっかりとのっかってしまうようなのだ。

「そう、ゴメンね」と友人たちには翌朝にいちおう謝るが、内心は、犬と一緒に眠るのは心地よさを体験できてよかったね、と勝手ながら思っていたのである。

飼い主の愛情は犬の表情に出る

さて、本書は、ミニチュアダックスのローズ一家のかわいい写真集なので、ページをめくっているだけで癒される。寝ているところ、食べているところ、お風呂に入っているところ、散歩しているところ、そして旅に出たときの様子などなど、4匹ともめちゃめちゃカワイイ! 

レンズを向けるobabaさんを見つめる4匹の表情がすごくいい。犬たちのやさしい眼差しは飼い主さんの愛情の深さを物語っている。

よく、ペットの写真はどうしたら上手く撮れるでしょう? という質問を見たり聞いたりするが、その答えは「愛情」。それだけだと思う。

ワンコごはんにも注目!

まだ味つけしていない自分の晩ご飯をローズのカリカリにのせてみたところ……ローズがもう大興奮!! あっという間に完食したあと、満面の笑みで私のことを見たんです! 思い込みじゃなくて、本当に喜んで笑ってました。

(『おひとりさまとローズ一家』から引用)

カリカリとはドライのドッグフードのこと。この本には料理上手なobabaさんの手作りワンコごはんも、おいしそうな写真と共にいくつか紹介されているので、とっても参考になる。

できればウチの犬にも作ってあげたい。

今、私は日本に居て、ウチの犬は娘と一緒にパリで暮らしている。娘は夏に帰省したが、犬まで連れて来るのは不可能だ。会えなくなってもうすぐ1年、会いたくてたまらないので犬の夢ばかり見る。

仕事の合間を縫って、4泊5日、いや3泊4日でもいいから犬のお世話だけをしてとんぼ返りする旅を思案中だ。

(文:沼口祐子)

おひとりさまとローズ一家

著者:obaba
出版社:主婦の友社
ひとり暮らしを始めてから20年。おいしいもの、おいしいお酒が大好きな明るいおひとりさまです。そんな私が、働き盛り、遊び盛り(?)の35歳のあるとき、ペットショップでMダックスの女の子=ローズ、にたまたま出会い、一目惚れ!それから生活が一変!ローズに子どもが生まれ、現在はおひとりさまとワンコ4匹暮らしです。「独身でワンコ飼うなんて、結婚できなくなるよ!大丈夫?」と周囲から心配されますが、それがどーした!? 毎日こんなに楽しくて、こんなに充実してるんだったら、ずっとこのままでいいのかも!?。そんなobabaのモフモフ、ギューギューな毎日をお届けします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事