ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

ガチな悩みがあるなら「◯◯神宮」へGO!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「パワースポット」が流行し、何年か経ちました。みなさん、今でもパワースポットへ行っていますか? ブームに乗っただけで「初詣以外は神社に行ってないわ~」なんて人はせっかく頂いたご利益を無駄にしちゃうかもしれませんよ!! 神社へは最低でも月に2~3回行くのがオススメなんだとか。

最近は「神社ってやっぱりすごいよね」と、神社パワーを再認識している人が増えており、自分の願い事やご利益ごとの神社にお参りする人や、「産土神社」という自分の生まれ育ったところの最寄り神社に通う人も増えているそうです。

お参りするなら、1日と15日がオススメ?

私も、帰宅前に会社からほど近い神社へお参りしております。というのも、今年前厄でして…とにかく「厄年」が怖くて仕方ないのです(笑) 。「行けばなにか変わるかも…」と行き始めたのですが、今では習慣になってしまったので、素通りできなくなりました。(逆に、突然行くのをやめたらどうにかなってしまうのではないか…という恐怖!!)

一般的には、どんなタイミングで神社へ行くのが良いのでしょうか? 『今こそ本気の神社まいり』(西邑清志・著/主婦の友社・刊)には、いつ行っても大丈夫と書かれてありましたが、著者によると、神社には月に2回ほど神主さんが公式にお祭りをする日があるそうです。

 私自身は1日と15日に、産土神社に詣でることにしています。1日と15日は月次祭が催される日だからです。

(『今こそ本気の神社まいり』より引用)

「月次祭」とは、神社によって多少日程は異なりますが、国の平和と祀っている神様をお祭りする日のこと。自分が住んでいる近所の神社などでも行われていると思いますので、調べて伺ってみると良いかもしれません。

他にも、仕事運をあげるならこの神社、恋愛運をアップするならこの神社…とオススメの神社も紹介されていたので、気になる方はチェックしてみましょう!

ガチな悩みがあるなら「伊勢神宮」へGO!

三重県にある伊勢神宮は、今年の5月に「伊勢志摩サミット」も開催され、国内外から注目が集まっています。この「伊勢神宮」には125もの社が構えられており、日本をつくったと伝承されている「天照大御神」が祀られている日本の頂点の神社だと言われているのです! いやぁ〜これは「いざ」という時こそ行くべき神社ということがビンビンと伝わってきますよね。

 正宮では個人的なお願いをしてはいけません。一世一代とばかり、伊勢神宮におまいりさせていただいているのになぜ? と思われるかもしれませんが、伊勢神宮は日本でもっとも大きな神社。世の中全体が良くなるようにと考えていらっしゃる神様には、大きな願いでないと通じないのです。

(『今こそ本気の神社まいり』より引用)

なるほど…。

「次の査定で、お給料がアップしますように」とか「慢性腰痛が治りますように」などプライベートな悩みをお願いするのではなく、「日本が平和になれますように」ということと絡めてお願いしなくてはいけないのですね。

例えば、お給料アップをお願いしたいなら「日本中の人たちが満足のいくようなお給料をもらえて、日本のビジネスマンたちが笑顔で暮らせますように」のように、自分自身が同じ悩みを持っている人たちの代表になったつもりで、お祈りしちゃいましょう。

スピリチュアルな感じが苦手、という方は…

私自身、正直スピリチュアルなことが苦手です。そのため、神社へ行く行為も恥ずかしかったのですが、一度足を運ぶと「今、自分は何を望んでいるのか」と、手を合わせた時に「あっ、私は今こうなりたいと思っているんだ」と自分の心の中を確認ができるようになりました。

「パワースポット」と聞くとちょっとなぁ〜という方も、自分の困りごとを確認する場だと思って一度立ち寄ってみるのが良いかもしれません。日本には約8万の神社があるとも言われています。それだけたくさんの神様がいるんですから、一人くらい味方してくれるでしょう!(笑)

「神様なんてい・な・い!」と思っている人も一度パワーをもらいに神社へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

(文:つるたちかこ)

今こそ本気の神社まいり

著者:西邑清志
出版社:主婦の友社
初詣しか神社に行かない人、パワースポットといわれる神社だから行く人、そして、お賽銭を投げ入れ、心の中で願い事をつぶやいて帰る、いわゆる「チャリンコ参拝」をしている人…、残念ながら願いは叶いそうにありません。本気で願いを叶えたければ、正しい参拝作法を知るべき。例えば、願い事を言う前に住所、生年月日、名前を名乗る。また、ほとんど聞き取れない微かな声でいいので、声に出さないと神様に願い事は伝わらない、など。また、神様には、それぞれ得意分野があるので、願いを叶えるには、祈願内容に合った神様のいる神社へ行くことも大事です。仕事運、金運、健康運、恋愛運など願い事別全国開運神社ガイドつき。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事