ハウツーが満載のコラム
文字サイズを変更する

オトナのためのお金が貯まる趣味、お教えします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

突然だが、あなたの日頃のストレス発散法は何だろうか?
飲みに行くこと?趣味に没頭すること?
いずれにしてもストレスと同時に、いくばくかのお金も消えているのではないだろうか?

お金を使わず、没頭できてストレス発散が出来ることはこの世には無いのか…。と思っていたら「熱中したらある意味一番お金を使うが、減りはしない」という、なぞなぞの答えのような遊びを見つけてしまった。

そう、それは“お札でおりがみ”だ。
こんな野口英世をどこかで見たことがないだろうか?

300ターバン野口

まるでターバンを巻いているかのように見える野口英世。
お札で折り紙の代表格「ターバン野口」という作品に、まずは見よう見まねで挑戦してみた。

こうしていつもと違った表情の野口英世を見ていると、もっと違う表情の彼にも会いたくなってきた。ここからは『お札でゆかいなおりがみ野口クンの本』の手ほどきをうけて、野口英世と戯れてみようと思う。

◆木枯らし紋次郎野口

まずは難易度が比較的低い「木枯らし紋次郎野口」から挑戦。
一折一折の幅が出来に関わってくるので自然と集中してしまう。特に輪郭まわりの折りこみ方が完成の出来を左右すると「ターバン野口」を作って気づいたので、顔回りは慎重に…。

そして「木枯らし紋次郎野口」最大の難関がやってきた。
笠の部分だ。しかし、そこを乗り越えないと紋次郎野口には出会えない。

300もんじろう途中
「出来た!!」
と思ったが最後の笠の調整が出来ていなかった。
しかも紋次郎というより、すこし赤ちゃんがくるまれているような感じが出てしまった気がする。

300もんじろう完成

笠を折りこんで一応、完成。
野口英世の表情が、なぜか奥ゆかしく可愛くみえるのは気のせいだろうか。見本と比べると何かが違う気がするが、初めてにしては上出来だと思おう。
ちなみに折り始めて完成までの「木枯らし紋次郎野口」の所要時間は10分だった。

◆カウボーイ野口

次は「木枯らし紋次郎野口」よりググッと難易度が高めの「カウボーイ野口」に挑戦だ。
これも、帽子部分が難しい…。そして慎重を期していた輪郭まわりの折りこみが甘かったようだが、なんとか完成。15分ほどかかった。

300カウボーイ

ヒゲが良い感じにカウボーイ感を醸し出している。顔の陰影もなかなか効果的だ。
そしてこの作品の魅力はスーツの部分がバンダナに様変わりしているところだと個人的に思う。

300_3人IMG_2249

今回、折り進めるほど彼の国籍が分からなくなった。野口英世が見せてくれる表情は実にワールドワイドだ。そして毎日お世話になっているにも関わらず、真正面から彼と向き合っていなかったんだと気付く。

こうして一人で作ってニンマリするのも良いが、折り方をマスターして親戚へのお年玉や、飲み会帰りに渡すタクシー代など日常に「おりがみ野口くん」を取り入れてみると、毎日がより楽しくなりそうだ。

『お札でゆかいなおりがみ野口クンの本』にはこの他にも「9番ピッチャ―野口」「アンドロイド野口」など、まだまだ愉快な姿の野口英世がいっぱいだ。
また、樋口一葉や福沢諭吉といった、他のお札の仲間たちの折り方もたくさん掲載されているのでお財布に余裕がある方は、ぜひ挑戦してみてほしい。

(文:フムフム編集部)

お札でゆかいなおりがみ野口クンの本

著者:長谷川洋介
出版社:晋遊舎
ちまたで話題沸騰の『おりがみ野口クン』の最新本登場! お札おりがみアーティストの長谷川洋介氏が豊かな感性で生み出した、斬新なフォルムの『野口クン』とその仲間たち最新16作品の折り方・作り方を分かりやすく丁寧に解説します。 また、愉快なキャラクターがそれぞれ持っているラッキーアイテム効果もバッチリ紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事